league of legends soloQ概念

【lol】視界スコアで貢献度を全て判断できるわけではないという話

数字

LOLには視界スコアというものが随分と前から実装され、リザルト画面で確認することができる。

 

ワードを置いた数や壊した数、コントロールワードの購入数も記録され、自分が視界に対してどの程度意識して動いたのか分かるだろう。

 

視界スコアというのは1試合での視界に関する貢献度を数値化したものであり、視界を取ったり、相手の視界を奪えば数値が増えるというのを前回の記事で書いたと思う。

記事内ではコントロールワードを買っている人が少ない件を語ってはいたが、一部として視界スコアという単語を挙げていた。

【lol】視界スコアを見ると意外とコントロールワードを買ってない人が多い話

視界スコアというのは簡単に言うと、試合中に視界に関する貢献度を表す数値のようなものである。ワードを置いたり消したりすると視界スコアが上がるというわけだ。   ワードを置いて視界を得るとそのエ ...

続きを見る

 

そして、視界スコアが高いとあたかも優秀で貢献していると連想してしまう人もいるだろうが、これは半分あっていて半分間違っていることを補足したいと思う。

 

視界スコア

まず視界スコアというのは

 

視界スコア=有効視界持続/分 +視界否定/分

 

という公式で成り立つ。

参考 Vision score:League of Legends Wiki

置いたワードが持続するほどスコアは高く、逆に相手のワードを早く消すほどスコアは高く加算されるわけだ。

 

視界スコアはあくまでも目安

上記の公式でなぜスコアが高くても鵜呑みにしない方がいいのか説明したいと思う。

 

それはLOLというものは1秒1秒試合の展開が移り変わり、その中には新鮮で必要な情報がすぐに不要な情報になってしまう場合があるからです。

分かりやすく例えると、ドラゴンファイトで集まった際に周辺の視界をとっても30秒後には相手チームがバロンへ移ってしまったらドラゴン周りの視界は取っても意味がなくなるからですね。

 

これはほんの一部であるが、それを含めて色々な例が出てしまう。

  • ミッド周辺でファイトが始まろうとしているのに自分は寄らずにサイドレーンのワードを消していてる。
  • バロンの周辺の視界が必要にもかかわらず、ドラゴン周辺にワードを置いている。
  • 敵がほぼ映らなく、情報としてあまり意味のない場所にワードを置いている。
  • 上記の内容から、ルーンのゾンビワードによってスコアが上昇してる。
  • 相手がトロールをしてワードを連打しているのをただ消しているだけ、もしくは味方が自陣にワードを連打してるだけ

 

ワードの価値というのはそのときの状況によって変わってしまいます。ただ何となくで置けばいいものではないですし、不要なワードを無理して消す必要もないです。

こういった点があるので視界スコアが高い=貢献しているというわけではない・・ということになります。

 

※ただ量より質!と言われればまた微妙なラインで、初心者であればまずは量重視で視界を取ってほしいこともあります。

 

最後に

視界スコアというものは試合全体を通して視界に関する貢献度を数値化したものだが、スコアが高くても優秀であるわけではない。

どちらかというとそれ以外の詳細を気にした方がいいと個人的には思う。

 

視界スコアの項目には設置、破壊したワード数コントロールワードの購入数が各プレイヤー記録されている。

例えば設置したワード数があまりにも少ないのであれば、黄色トリンケット(ステルスワード)が2スタックを維持してしまってるコントロールワードの購入数が少ないのは購入スペースがあり、なおかつ金銭的に余裕があっても買ってないから等である。

 

もしそれらで何かしらの問題点があるのだとしたら、改善に向けて取り組めばいいわけで視界スコアはおまけとして捉えたほうがいいのではないかと思います。相手の対面や味方と比べて一喜一憂するのはありますけども

 

 

 

 

Visited 213 times, 1 visit(s) today

-league of legends, soloQ概念