league of legends 個人考察/ビルドアイテム

【lol】先行投資は天啓の中でも強い選択肢のではないかという話

2023年10月24日

今回はルーンのお話です。

 

ルーンを組む際にサブに天啓を選ぶ方は少なくないと思います。

天啓は他の戦闘的なルーンとは違ってゴールドの節約、借金やサモナースペルのクールダウン短縮といったダメージに関係しない個性的なルーン群である。

 

一般的には、1列の目の魔法の靴 魔法の靴 が第一候補だと思います。サポートであればヘクステックフラッシュヘクステックフラッシュが選ばれることもある。

魔法の靴は300ゴールドの靴代が節約できるほか、追加でMS(ムーブメントスピード)が+10もらえるので、このルーンを選ぶだけでも300ゴールド+αの価値が生まれる。

その選択肢は分からなくもない。自分もサブを天啓にする場合は絶対選んでいます。

 

次点では2列目のビスケットデリバリービスケットデリバリー が挙がる。それか、3列目の宇宙の英知 宇宙の英知  も多い。他にも時と場合によってはミニオン吸収装置や疾駆などもあるだろうが、自分は先行投資 先行投資 というルーンを強く勧めたい。

 

先行投資というルーンは簡単に言えば、借金ができるというルーンで単純にビルドを早く進められると考えれば悪くないルーンです。

しかしチャンピョンビルドを調べても天啓をサブにしている人は先行投資をそこまで選ばない・・・。レーナーは特にだ・・・。

 

なんでだろう、強いルーンなのに(逆張りではないです)

ではなぜ選ばれないのか、そして自分がその選ばれない先行投資というルーンを推す理由を説明したいと思います。

 

先行投資が選ばれない理由

先行投資が選ばれない大きな理由は同じ列にビスケットデリバリービスケットデリバリー があるからだ。

ビスケットデリバリーは簡単に言うと、HPとマナが少量回復するビスケットを1枚ずつ計3枚をもらうことができる。

使うか売却したときにマナが40増えるので序盤のレーナーは特にマナの面で楽になる

字面だけ見れば、先行投資よりビスケットデリバリーが優先されるだろう。

 

そしてチャンピョンのビルドを調べた際に天啓が含まれればビスケットデリバリーが選ばれる。そのチャンピョンの知識がない人は必然的にビスケットデリバリーを選ぶ。

ちなみにビスケットは3枚もらうので、120マナ増える。このルーンを選択することで168ゴールド+αの価値が生まれる。

 

先行投資が強いと思う理由

では、ビスケットデリバリーの便利さを超える理由はあるのか・・・と問われれば自分はあると答える。

というのも、ぶっちゃけ自分はビスケットがあってもなくてもマナには困らないです。

 

それであれば、ビルドを早く進めるために借金した方が分かりやすくて強いでしょう。

他にも理由があるのですが、これが自分が一番この記事で言いたいことで、コントロールワードが実質無料というのがかなり強いなと思いました。

先行投資は2分後から効果が発動するのでリコール後にはコントロールワードを1個借金できるでしょう。

 

コントロールワードによる視界の意識については以下で語っていますが、序盤から終盤まで常に1個以上借金してストックすることができるのは改めて言いますが強力です。

【lol】視界スコアを見ると意外とコントロールワードを買ってない人が多い話

視界スコアというのは簡単に言うと、試合中に視界に関する貢献度を表す数値のようなものである。ワードを置いたり消したりすると視界スコアが上がるというわけだ。   ワードを置いて視界を得るとそのエ ...

続きを見る

 

先行投資の実例

先行投資でピンクワード爆買い

先行投資その2

先行投資の借金

上記はサポートとトップのときに先行投資を選んだときのリザルト画面です。

 

ガリオサポートとゼラスサポートのときはリコールして常にコントロールワードを2つストックしていたので購入数が20個近いです。

これ、普通に購入するとガリオの場合は75ゴールド×19個=1425ゴールドかかります。ですが、先行投資で無料になっています。

無料で使えるのでオラクルレンズがクールダウンのときでも1個目はコントロールワードで相手の視界を除去、2個目を本命のコントロールワードとして使えますので設置したワード数は目を見張るものがありますね。

 

ジャーヴァンⅣの試合は相手のパイクと同数の11個ですが、相手はコントロールワードのみで825ゴールドかかっています。ジャーヴァンⅣはtopで対面のエイトロックスは7個買っているので525ゴールド消費しています。

 

このルーンの何が強いって、ワード代だけで相手のビルド差を間接的につけていることですね。

普通はワードを買うためにビルドの進行速度は遅れてしまうのですが、先行投資を選べばワード代が浮くのでその分をコアアイテムのために回すことが出来ます。

 

単純に視界の圧をかけやすくなる点と相手がコントロールワードを買えば買うほど自然とゴールド差が開く先行投資というルーンは強いのではないでしょうか。

 

最後に

天啓というルーンは選択肢が固定化されていると思う。

先行投資はビスケットデリバリーと同列であることから、影に埋もれている目立たないルーンです。

ナーフによって借金するごとに50ゴールドの手数料がかかるようになりましたが、ワード代だけ見ても依然として強力なルーンなのでここではナーフの内容は詳しく挙げませんでした。

ビスケットデリバリーの恩恵が感じづらい場合、先行投資というルーンも試してみる価値はあると思います。

Visited 89 times, 1 visit(s) today

-league of legends, 個人考察/ビルドアイテム